ローヤルゼリーとはちみつの違いは?

ここに要約文

ローヤルゼリーとはちみつの違いは?

ミツバチが生成する物質には、私たちがよく知るハチミツともう一つ、ローヤルゼリーというものがあります。
ハチミツとローヤルゼリーはどちらもとろみのある形状をしていますが、大きく異なる点が糖質の程度です。

  • ハチミツとローヤルゼリーの違い

  • ハチミツは全体の80%も糖質を含んでいるのに対して、ローヤルゼリーはわずか10%であり、甘味がない代わりに酸味や苦味などがあるといいます。
    もう一つの違いとして、ハチミツには糖質と水分、残りはわずかなビタミンとミネラルで構成されていますが、ローヤルゼリーにはビタミン・ミネラル・タンパク質・必須アミノ酸のほか、ローヤルゼリーにしかない「デセン酸」などの特有の成分が含まれています。
    ハチミツは働きバチの食事として作られた液体で、ローヤルゼリーは女王バチのたくましい体を作るために作られた「栄養食」。
    根本的に目的が異なるので、ローヤルゼリーがハチミツに比べて栄養価が高い理由も頷けますね。
    また、中に配合されている栄養素が異なるので、見ための色味にも違いがあります。
    ハチミツは透明感のある黄金色をしていますが、ローヤルゼリーは少々黄味がかった乳白色をしています。

  • 栄養価が高いローヤルゼリー

  • ハチミツは甘味があるのでお子さんにも人気がありますが、圧倒的にローヤルゼリーは栄養価が高いです。
    ハチミツが糖分と水分でできているのに対して、ローヤルゼリーは全体の30%が栄養素で構成されています。
    食べても美味しくないといわれますが、全体の3割が栄養素でできているので、味ではなく栄養を重視するならばローヤルゼリーがおすすめです。
    ヨーグルトやジャムなど、甘味のついている食品と併せて摂取するか、サプリメントやタブレットを使って補うと良いでしょう。

    ローヤルゼリーには特有の風味や香りがありますが、これも栄養価が高いからこそ。
    健康が気になる方や、代謝アップを目指している方は、ぜひミツバチの強靭なパワーを取り入れてみて、ローヤルゼリーで健康生活始めてはいかがでしょうか。