ローヤルゼリーのデメリット

ここに要約文

ローヤルゼリーのデメリット

ローヤルゼリーのデメリットの一つめは、他の健康食品に比べて価格が高いこと。
純度が高い製品や国産の製品は収穫量が少なく品質が高いので、そのぶん高額になります。
しかも、高いからといってすべてのローヤルゼリーが高品質というわけではなく、中には粗悪な製品も存在するため、購入時には細心の注意が必要です。

  • ローヤルゼリー摂取のデメリット

  • 体質によってはアレルギー症状が起きることもデメリットの一つ。
    食品アレルギーや花粉症体質、喘息をお持ちの方は摂取を避け、ローヤルゼリーを一口食べて痒みが出る場合はすぐに使用を中止してください。
    ローヤルゼリーには産地がよく分からない粗悪な製品も少なくありませんが、品質の悪い製品はデセン酸などローヤルゼリーに含まれる栄養素が十分に摂取できないおそれがあります。
    生のローヤルゼリーは鮮度が命で、きちんと保存しないとすぐに劣化してしまいます。
    一度劣化が始まるとせっかくの栄養素も失われてしまいますから、適切な方法で保存を行うようにしてください。

  • ローヤルゼリーは摂取しにくい

  • ハチミツと違って、生のローヤルゼリーには独特の苦みや酸っぱさがあります。
    その分高い効果が期待できますが、慣れないうちは嫌な感じがして、飲みにくいと思うかもしれません。
    ローヤルゼリーは毎日継続しなければ効果が期待できない食べ物なので、途中で挫折すると栄養が十分に摂取できません。
    生の状態を口にできれば一番ですが、摂取しにくい場合は乾燥(粉末)タイプのローヤルゼリーや、サプリメントから摂取すると良いでしょう。
    サプリメントなら外出中にも持ち運びできますし、ぎゅっと一粒の中に凝縮された栄養素がお腹の中で溶け出すので、酸味や苦味を感じることなくローヤルゼリーの良いところだけを吸収できますよ。

    ローヤルゼリーを摂取してからすぐに効果が表れるわけではなく、良質な製品を継続するところに意味があります。
    サプリメントなど、デメリットを補ってくれる製品を選んで、継続して摂取していきましょう。
    また、ローヤルゼリーの体験談についても合わせて参考にご覧ください。