なぜ、うつ病の方がローヤルゼリーを愛用するのか?

ここに要約文

なぜ、うつ病の方がローヤルゼリーを愛用するのか?

抗酸化作用やスキンケアなどさまざまな効果が注目されているローヤルゼリー。
実は、精神疾患の一種である「うつ病」の患者さんの中にも、ローヤルゼリーを愛用している方が多いのです。

  • ローヤルゼリーとうつ病の関係

  • ローヤルゼリーがうつ病の患者さんに人気がある秘密は、ゼリーの中に含まれている「アセチルコリン」という成分にあります。
    アセチルコリンは副交感神経の神経伝達物質で、意識や睡眠を司りながら神経系同士のアンバランスを解消し、ストレスレベルを下げる効果があるとされています。
    アセチルコリンが脳内に不足している人は、精神疾患に罹患するリスクが高いという報告がされています。
    神経系のバランスが乱れやすくなるので、ちょっとした事でイライラしたり、うつ状態に陥りやすくなるため、ローヤルゼリーのような食品からアセチルコリンを補うことで脳内の歪みを解消します。
    さらにローヤルゼリーにはビタミンB群が豊富に含まれていて、脳のビタミンと呼ばれるビタミンB12も含まれています。
    ビタミンB12が足りない人は思考力が落ちやすくなり、精神安定物質であるセロトニンが不足して、うつにかかりやすくなります。
    アセチルコリンと併せてビタミンB12を補うことで、ストレスの改善とうつ状態の緩和が期待できるかもしれません。

  • 脳と体に負担をかけない

  • ローヤルゼリーは食品なので、薬のような強烈な作用がありません。
    もちろん副作用の心配もなく、うつ病の薬のようにふらつきや思考力の急激な低下がなく、安全にストレスレベルを下げていくことができます。
    カルシウムやリン、亜鉛などのミネラル類も豊富で、神経系の状態を改善してくれるので、ミネラルが不足してイライラしやすくなっている方にもローヤルゼリーがおすすめですよ。

    うつ病は現代病とも呼ばれ、子どもから大人まで罹患数が爆発的に増えている病気。
    ローヤルゼリーに含まれる対うつ効果のある栄養成分を摂取して、体の内側からメンタルをケアしていきましょう。